速いタッチのタイピングのためのエクササイズ - レッスン 2

閉じると入力を開始する

このレッスンでは、キーボードで入力するために、左手と右手の両方の中指と薬指を使用します。より速く入力したい場合は、人差し指以外の指も入力する必要があります。

このレッスンは前のレッスンより難しいですが、それでも基本的なキーボードの行です。人差し指をバンプのあるキーに置くと、中指、薬指、小指が次のキーに並んで配置されます。

最初のレッスンで述べたように、キーボードで入力するほとんどすべての人が入力に人差し指を使用します。それでもタイプミスしている人は、もう1本の指を使うことがよくあります。中指または薬指です。ただし、10本の指すべてで正しく入力する方法を学びます。

指を基準位置に置きます。入力するとき、実際にそれらが置かれているキーからそれらを取り除く必要はありません。ただし、このステートメントを文字どおりに受け取らないでください。指は適切なキーの上にある必要があり、文字通りそれらに触れる必要はありません。タイピングは快適でなければなりません。