速いタッチのタイピングのためのエクササイズ - レッスン 12

閉じると入力を開始する

文字を扱うタッチタイピングコースの部分は終わりです。一部の言語は、数字キーの行に文字が表示されるようにキーボードにマッピングされていますが、これはまれです。

キーボードの一番下の行を押すことによって生成される文字のタイピングを習得している場合は、成功を収めたと言えます。これで、キーボードの一番上の行に慣れるだけです。その行のキーは、文字キーや基本的な句読点よりも、入力時に使用される頻度がはるかに低くなります。

このレッスンでは、多くの言語で発生し、発音区別符号を持たない言語を話す人は、その存在についてほとんどまたはまったく知識を持っていない発音区別記号に言及します。

まあ、発音区別符号は、文字の上、下、または文字の内側に書かれた文字です。それらはアルファベットの与えられた文字が読まれる方法を変えます。分音記号を使用して作成された文字は新しい文字です。これは、主にこのため、一部のアルファベットは他の文字よりも多くの文字を持っているためです。一部の言語では、分音記号はアクセントと呼ばれます。

発音区別符号を使用して作成された文字を入力することは、他の文字を入力するよりも簡単ではありません。言語に応じて発音区別符号付きの文字を作成するには、「Alt」(PCキーボードの場合)または「Option」(Macの場合はキーボード)を押して、同時に文字を押します。他の言語では、アクセント記号を押してから文字を押す場合があります。このようにして、2つの手順で新しい文字を作成します。個人的には、「Alt」キーを使用する方が、2ステップの文字作成を使用するより簡単です。問題はAppleキーボードで少し複雑になります。 「Option」キーはキーボードの中央からかなり離れた位置に配置できるため、「Option」キーと特殊文字を同時に押したい場合は、非常に不便です。 Macキーボードはアメリカ市場を念頭に置いて作成されたものだと思っていますが、英語以外の国のキーボードの代表者に効果的に入力することは難しい仕事を忘れています。

したがって、英語でネイティブにキーボードを入力しない人、または別の言語を習得したい場合、タッチタイピングコースは英語を話す人よりも少し難しいことを覚えておいてください。