速いタッチのタイピングのためのエクササイズ - レッスン 5

閉じると入力を開始する

タッチタイピングの次の演習では、基本的なキーの行の上にある行を扱います。これは、QWERTY、QWERTZ、AZERTYの3つの基本的なキーボードレイアウトを区別するため、特徴的な行です。名前は、この行の最初の6つのキーに由来します。しかし、理論は十分です。レッスンに進みましょう。

コースのこの部分では、人差し指を再度使用しますが、それほど難しくはありません。基本位置を基準にして指を上に移動します。したがって、指はバンプから上のキーに移動し、上のキーに移動します。キーボードの特徴は、キーが上下に重なっていないことです。それらはカスケードを形成します-彼らは斜めに走ります。これは問題でしょうか?必ずしも。タイプライターはすでに斜めに配置されたキーを持っていました。私たちの手は互いに平行であってはなりません。また、手の筋肉に負担をかけないように、タイピングがより自然になるような角度で配置されています。

キーボードを見るとき、特にキーボード入力のレッスンをしているときは、このキーボードは何十年もの間行われてきた進化の結果だと考えてください。一方、コンピューターのキーボードは、古典的なタイプライターとそれほど変わりません。これは、古いソリューションを使用しているということですか?ラップトップモニターや入力に使用するその他のデバイスに表示したいものをコンピューターに指示する必要があるかもしれません...これは議論のための資料ですが、ラップトップがまだ製造されている瞬間について考えるかもしれません。より新しくより良いキーボードもまだ製造されています。

キーボードでタイプすることは過去のものではありません。それが私たちの現在の現実です。コンピュータのキーボードはスマートフォンの画面のものに置き換えられたと思うかもしれませんが、専門家として働いていると、スマートフォンを使ってコンテンツをあまり効果的に作成できなくなります。コンテンツを口述することを好むライターもいますが、これがライターのかなりの割合であるとは思いません。コンテンツをディクテーションする最大の問題は、音声認識アルゴリズムが不完全であることでもありません。最大の問題は、キーボードで入力することでコンテンツが表示されることだと思います。入力した内容が表示されます。前の文のコンテキストで新しい文を作成します。キーボードでタイプすることにより、内容を修正するのは簡単です。機械がタイプするべきものを指示し、結果を画面に表示しても、修正はそれほど正確ではありません。

幸い、あなたはタッチタイピングを学ぶことにしました。この投資を後悔することはありません。