速いタッチのタイピングのためのエクササイズ - レッスン 9

閉じると入力を開始する

キーボードを見ることなく、より速くタイプすることを学ぶことは、次の段階に到達します。キーボードの次のキー列をマスターする必要があります。これは、人差し指で押すキーに焦点を当てた別のレッスンです。同時に、これは英数字キーボードのキーの一番下の行を扱う最初のレッスンです。

ほとんどのキーボードでは、キーの一番下の行にあるキーボードのキーの数が最も少なくなっています。これらのキーを押すには、上の行のキーの場合よりも少し手間がかかります。一番下の列からキーを押すには、指を曲げる必要があります。手首はかなり動かないようにし、タイプするときは腕を動かさないでください。これは長い爪を持つ人々にとって厄介なことです。キーボードの一番下の列のキーを押して指先で押す必要があるのに、指の爪でそれを行うと、煩わしい場合があります。しかし、私は誰かに爪を切ってより速くタイプするように、または爪先を使用しないように勧めません。

レッスンに行きましょう。集中し、落ち着いて、辛抱強く待つことを忘れないでください。この態度は、すばやく入力するのに役立ちます。