速いタッチのタイピングのためのエクササイズ - レッスン 18

閉じると入力を開始する

タイピングを学ぶように動機づけることは困難です。タイピングのレッスンはかなり単調です。同じキーを数回押してから、別のキーを数回押すなど、1分間続けていくのは楽しいとは思えません。次に、同じテキストをもう一度入力するか、次のレッスンを開始します。これは、前のレッスンとほとんど同じです。残念ながら、これはそれほど刺激的な活動ではありません。ただし、これはキーボードを見ずにタイプする方法を学ぶ最も効果的な方法です。

当然のことながら、比較的少数の人々が正しくタイプします。プログラマーでさえ、10本の指すべてで正しくタイプすることはほとんどありません。これはなぜですか?コンピュータの前に座り、プログラムを実行して、より上手に速く入力する方法を学び、1日10分を学習に費やすことは本当に素晴らしい努力でしょうか。どうやらそうです。

問題は、オンラインタッチタイピングコースが不足していることではなく、タッチタイピング技術の利点に対する認識が不足していることだと思います。特に教師にとって、キーボードを見ないでタイプすることを学ぶことに費やされた努力が後で実を結ぶことを伝えることは大きな挑戦です。あなたはより速くタイプすることを学ぶからといって、あなたの人生の数週間または数ヶ月ではないにしても、丸一日節約できるという良い知らせを伝えなければなりません。

AgileFingersは、時間の節約に役立ちます。退屈な学習パラダイムに基づいた興味深いコースを作成するのは簡単ではありません。はい、私はタッチタイピングを学ぶよりもエキサイティングなことがたくさんあることに気づきました。ただし、挑戦して、結果として、ミスをせずにすばやくタイプできる場合は、AgileFingersのようなニッチなプログラムを作成する価値があったことを意味します。