速いタッチのタイピングのためのエクササイズ - レッスン 7

閉じると入力を開始する

このタッチタイピングのレッスンでは、小指でタイプする方法を学びます。使用しているキーボードのレイアウトによっては、少し簡単になる場合と難しい場合があります。一部のラップトップキーボードまたはデスクトップキーボードには、非数値キーの最上列に13個のキーがありますが、その他には12個しかありません。入力に使用するキーボードの「Enter」キーが大きいか小さいかによって異なります。

キーボードレイアウトは非常に多くあるため、AgileFingersの設定で見つけることができる基本的なレイアウトが少なくとも4つあるため、1つだけを学習しても意味がないと考えるかもしれません。キーボードを変更するときは、キーボードを見ないでもう一度タイプする方法を学ぶ必要があると思うかもしれません。リラックスしてください、そうではありません。実際には、キーボードごとにキーの配置に違いがありますが、それらはいくつかのキーボードキーに関連しており、「|」、「\」、「<」、「>」などの使用頻度の低いキーです。これらのニュアンスは言語によって異なるように見えますが、すばやく入力できるようになることで、1つの言語に集中できます。

QWERTYレイアウトを使用して英語でネイティブに入力してから、AZERTYシステムが最も一般的なフランス語に切り替えることに対する禁忌はありません。別のキーボードレイアウトを使用するようにオペレーティングシステムのキーボードを変更しません。明らかに、キーボード言語が、キーボードで入力する言語に固有の発音区別符号をサポートすることが重要です。

キーボードレイアウトが異なっていても、異なるキーボードを交互に使用していて、異なるキーレイアウトを切り替える必要はありません。常に正しい指でキーをクリックすることが重要です。キーボードを見ずにタイプするよりも、キーボードを見て、それを宛先とする指でクリックする方が、誤って行って多くの間違いを犯すよりはましです。