速いタッチのタイピングのためのエクササイズ - レッスン 3

閉じると入力を開始する

これは、キーの基本行に関するタッチタイピングコースの最後のレッスンです。これは、両方の小指の最初のレッスンでもあります。小指でキーの基準列をタイプするのを習得すれば、それは非常に良いでしょう。これからは、すべての指が使用されます。実は、1行のキーボードキーについてのみレッスンを行ってきましたが、これは、さらに学習するための確かな基礎です。

小さな指を使ってキーボードでタイプすることは、ほとんど誰もしません。小指は、タイピングに最も適さず、他の指よりも多くのトレーニングを必要とするため、ほとんどの人には無視されます。機会があれば、キーボードタイピングのテクニックを使用していない一般的な人を見てください。その人がタイピングに小指を使うことはまずありません。全然驚かない。小指はすべての指の中で最も弱く、最小です。手のひらの端にあります。

小さな指でキーボードをタイプするのは、最初は疲れます。これらの指を使ってタイプしたことがない場合、慣れるのは簡単ではありません。入力中に指を痛める可能性があります。心配しないでください。これは正常です。同様に、ギターの演奏を学ぶとき、指、特に左手の指先が痛い。痛みはあらゆる種類の努力を伴います。いくつかの痛みの準備ができていない限り...そしてあなたは手放すリスクを負います。こんなことしないで。入力の手間を最小限に抑えることができます。

タイピングによる痛みを取り除くための手がかりは休息です。しばらくコンピュータから離れることができます。立ち上がって数回握手することができます。指をリラックスさせます。手を伸ばし、手首を輪にして動かします。

筋肉の緊張を緩和する別の要素は、指のわずかなストレッチです。各指を手の外側に向けて傾けてみてください。やりすぎないでください。指はクラッキング音を出すことを意図していません。タッチタイピング技術は、生活の質を向上させるものであり、痛みの原因ではないことに注意してください。