速いタッチのタイピングのためのエクササイズ - レッスン 6

閉じると入力を開始する

これは、タッチタイピングの学習に役立つ、もう1つの難しいレッスンです。ベース行の上にあるキーボードのキー行で中指と薬指を練習します。

人差し指を参照キーの上に置き(差し込みのあるものを忘れないようにして)、中指を上に動かすと、指は当然、このレッスンが適用される特定の手の2つのキーのいずれかに移動します。薬指でも同じことが起こります。そのため、指を基準位置に正しく置くことが非常に重要です。手が最初に正しく配置されていない場合、または人差し指が参照キーに触れていない場合は、キーボードを見る必要があります。もちろん、誰かがキーボードを正しく入力することに慣れていれば、手をどこに置いても、間違いなく入力できます。

これらすべての年月が経過した後も、私の手はインセット付きのキーをさまよっています。速く書ける自信があります。タイピングのために手を配置するときは、常にインセット付きのキーボードキーを探します。これらのキーが、高速タイピングを習得しようとする初心者のためのものであると思われた場合は、その考えをあきらめてください。タイプライターが発明されて以来、使用するキーボードは100年以上にわたって進化の源でした。

このタッチタイピングのレッスンは簡単ではないので、集中して手をリラックスしてください。最も重要なのは、キーボードを見ないでタイプすることを学ぶことが喜びであることを忘れないでください。